アクティブサウンドドラマ

なかたま
(2011/02/23 リリース)

ストーリー

やる気があるのかないのか、よくわからない部長を中心とした3人の部員がいる中野々学園新聞部。

何度か新聞を発行してきたものの、学園内ではあまり認知されておらず、部員も少ないため部の存続も危うくなりはじめている。
読者を増やし(そもそもどれだけの読者がいるのかは不明)、学園新聞の知名度を上げるためには、派手でインパクトのあるネタが必要だと部長は確信し、そのネタ探しを部員たちに指示する。

しかし部長が満足できるような大事件などなかなか転がってるわけもなく、「捏造でもかまわない!」と言い出す始末…。
はたしてインパクトのあるネタを見つけ出し、記事にすることができるのか?
それともいつもの暇ネタと嘘だらけのいい加減な新聞で、まったく注目されないままなのか………

(この物語はフィクションです。登場するあらゆる内容について、実在するものとは一切関係ございません。)

アンケートを実施しております!

「なかたま」をプレーされた方は、是非アンケートにご協力下さい。

 
 

(C)2010 Pickle Inc. All rights reserved.